鳴無神社

 

 

鳴無神社 (おとなしじんじゃ)

 

 

高知県須崎市浦ノ内東分字鳴無3579

 

本殿は国の重要文化財に指定されている。

土佐ブームとともに縁結びのご利益があると話題になっている。

  

伝承

昔々、この神社に祭られていて神様が退屈して、投げた石が落ちたところに引っ越すと言い出して土佐一宮神社に移ってしまった。年に一度神様が里帰りするのでそれを祝って舟遊びをするようになったそうです。これが現在の志那禰祭りとなった。

 

志那禰祭(しなねまつり)は、毎年8月24日から翌8月25日にかけて行われる夏祭。25日の本祭では祭のクライマックスとして、漁船3隻に神輿を乗せ供船として漁船20を従え大漁旗をなびかせて海上を船渡御が行われる。

 

最近は縁結びのご利益があると口コミで広がり、県外からの参拝も増えている。高知県はこれにちなみ東京都中央区のアンテナショップで「恋に効く呪文」など縁結びグッズの販売を始めている。  

 

【アクセス】

JR多ノ郷駅からタクシーで20分