貴船神社

 

貴船神社 (きふねじんじゃ)

 

京都府京都市左京区鞍馬貴船町180

 

「貴船もみじ灯篭」では貴船神社もライトアップされ幻想的な雰囲気が味わえる。デートスポットとしても人気。 

 

伝承

「御伽草子・貴船の物語」

中将が鬼の姫に恋をして鬼の世界へ行くのだが、姫の父である鬼の大王がそれに激怒する。姫は中将を守るため命を捨て、中将は生き延びた。その後、姫は中将の伯母の娘として生まれ変わり、二人は再び恋に落ちる。節分の夜に鬼の軍勢が二人を襲うが、霊言で炒り豆を打ってこれを退けた。二人は幸せに暮らし、神様として貴船神社に祭られた。室町時代に書かれた御伽草子の一話。

 

平安時代。紫式部と並ぶ女流歌人である和泉式部も貴船神社に不仲となった夫との復縁を祈り、無事不和が解消されたという話も伝わっている。


参拝時間:6:00~20:00

御守り授与:9:30~16:30

駐車場:25台 (2時間500円)

アクセス:叡山電車 貴船口下車徒歩30分

     京都バス 貴船下車徒歩5分