白山神社

白山神社

(はくさんじんじゃ)

 

福岡県糸島市二丈福井天神4909

 

 

<伝承>

「日本書紀」に登場する伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)、菊理姫命(くくりひめのみこと)を祭っている神社。

 

日本神話では、いざなぎのみこと、いざなみのみことが最初の夫婦の神様であり、結婚の神様とされています。二人は国土を誕生させる(国生み)や多くの自然神や文化神を誕生させる(神生み)を行った神様とされており「生命の始祖」ともされています。その二人が争った際に仲直りをさせたのが菊理姫命(くくりひめのみこと)とされています。

最初の夫婦の神様と、二人を仲直りをさせた神様を祭っているということもあり、白山神社は縁結び・復縁のご利益があると信仰されています。晩秋になると境内のご神木からの銀杏(写真掲載)が参拝者に振舞われます。 12月31日夜に行われる除夜祭や夜神楽が有名。

 

【アクセス】

JR福吉駅 徒歩15分(タクシーで3分)

 

<福岡県の復縁神社レポート>

筑後市 恋木神社      福岡市 出雲大社福岡分院

<おすすめコンテンツ>

復縁体験談 復縁祈願所 復縁絵馬 復縁占い