出雲大社

出雲大社 

(正式名称:いずもおおやしろ)

 

島根県出雲市大社町杵築東195

 


出雲大社には大国主大神(おおくにぬしのおおみかみ)が祭られており、日本で最も由緒ある神社とされる。皇室の者でも神殿内には入れないしきたりが守られている。本殿は国宝に指定

されている。

 

伝承:

出雲大社には一年に一度、10月になると日本中の神様が集まるといわれている。 

そのため出雲以外の地域では神様がいなくなるので、10月のことを神無月(かんなづき)と呼ぶようになりました。出雲では10月を神在月と呼んでいます。

では神様は出雲に集って何をしているのかというと、実は縁結びの相談をしに集まっているのです。そのため昔から、男女の仲をとりもつ神社とされており、復縁神社としても確固たる地位を築いています。

 

【アクセス】

電車:一畑電車「電鉄出雲市」~「出雲大社前」徒歩7分

バス:JR出雲駅から一畑バスで25分